© 2023 イベント製作 Wix.com を使って作成されました

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • White Google+ Icon

※※※ご注意※※※

​こちらに記載のワークショップは、過去に開催されたものであり、

お申し込みは出来ませんのでご注意ください。

(こちらのページは、過去に実施されたワークショップのご案内

​ になります)

唯一無二の存在!

怪優 田中要次

齋藤栄美 監督による
俳優の為の

ワークショップ
緊急開催決定‼

怪優 田中要次、齋藤栄美監督によるワークショップは、定員に達しキャンセル待ち多数の状況で締め切らせて頂きました。誠に申し訳ございません。ありがとうございました!

概要

 

8/27(月)、28(火)、29(水)の3日間。

日本のエンタメ界を支える、名バイプレイヤー田中要次さんが、多忙なスケジュールの中、ラブコールに応えてくださり
ワークショップに初参戦!

今回、特別講師としてレクチャーいただくことになりました!

田中さんが、
どのようにして売れたのか?
プロの現場では、
どんな事を求められるか?
どんな台詞に手こずるか、、、などなど実体験からくる様々なプロとしての心構えを学ぶことが出来ます。


この荒波の芸能界で
勝ち続けるには
必ず “理由”がある❗️


田中要次さんご自身、映画製作にも関わり、作り手&演者2つの顔をもっている方、今回のワークショップが
良き繋がりになればと思います。


そして、今回は、特別に
周防正行監督、三谷幸喜監督、黒沢清監督と錚々たる監督たちに師事、
文化庁ndjcで製作された
『トーキョーカプセル』が昨年話題になった
齋藤栄美監督も一緒にご参加頂きます!


ndjcは文化庁が優れた若手映画作家の発掘と育成をサポートし取り組んでいるプロジェクト。

齋藤監督は日本映画界の将来を担う映画作家として大注目されている監督のひとりです。

現在まさに、新作オリジナル脚本の準備中。

新しい俳優さんたちと出会えるこの機会
楽しみにして下さってます。

次回作のためのオーディションワークショップも含む
参加者を募集となりますので、
真剣勝負!チャンスを掴みに来て下さい!

定員に限りがございますので、ご希望の方はお早めにお申込ください。

スケジュール

●【日程】8/27(月)14:00~18::00

      8/28(火)14:00~18::00

      8/29(水)14:00~18::00

1日目 田中要次さん 齋藤監督
2日目 齋藤監督
3日目 齋藤監督


※ご注意!!!
参加希望者多数により、2クラスに分ける場合があります!! 

その場合は、
27日はA班B班合同。


28日
  A班13:30~16:30
  B班17:00~20:00
29日
  A班13:00~16:00
  B班16:30~19:30

2クラスに分けた場合は、昼と夜どちらの希望。もしくは、どちらでもよいと記載ください。

●【場所】都内

●【締め切り】定員となり次第締め切りとなります!

田中要次様からの

メッセージ

 

「お前の芝居は踊りか?」と監督に言われて混乱してたこと、演技は心でするものだと信じたのに疑問を抱えてしまったこと、あるよっ。
「僕から教えられることなんて何も ないよ」と今までワークショップの講師を硬く閉ざしてきましたが、今回は初めての試みになります。もしかしたら最初で最後になるかもしれません。
「簡単に取られてたまるか!」そんな気持ちで挑みたいと思います。だから奪いに来てください。そんなもの要らないと言われたらそれまでですが…(笑)

齋藤栄美監督からの

メッセージ

「いい演技とはこういうものだよ」と、言いきることは私はできません。
そんな簡単なものじゃないと思います。
だから演技って、面白い!
 
今まで様々な撮影現場で、見惚れてしまう、「この映画をやってよかったなぁ」と感じる演技を幾度か見てきました。その経験を活かし、みなさんと3日間、演技について一緒に考え、悩み、そして楽しめたらと思います。
 
新しい出会いにワクワクします!
どうぞよろしくお願いします。

 

 

プロフィール

 

<齋藤監督 プロフィール>

 

1983年東京生まれ。東京造形大学デザイン学科映画専攻卒業。
在学中から自主映画や映像作品を制作。
卒業後フリーの助監督として、瀬々敬久監督、周防正行監督、黒沢清監督、三谷幸喜監督など多くの監督のもとで経験を積む。
2017  年文化庁委託事業「 ndjc: 若手映画作家育成プロジェクト」の支援を受け、映画「トーキョーカプセル」を監督。

 

お申し込み方法

※お申し込み、お問い合わせはメールにてお願いいたします。

 以下をご記入ください。


(1)お名前
(2)ふりがな
(3)性別
(4)生年月日(年齢も)
(5)2クラスの場合、どちらのクラス希望か

(6)連絡先電話番号
(7)フリーランスか事務所所属か。所属の場合は事務所名もご記入ください。
(8)写真付きプロフィール(プロフィールはメール本文にご記入の上、写真を添付してお送りください)
 をお書きのうえ、

 メールタイトルを

「田中要次、齋藤栄美ワークショップ」とし、
 workshopnavi(at)gmail.com
までお送りください。((at)を@に変えてお送りください)


​追って、担当者よりご連絡を差し上げます。

海外映画祭で10冠以上もの賞を受賞 凱旋上映大盛況
世界が注目する俊英、金子雅和監督による俳優ワークショップ

金子雅和監督によるワークショップは、定員に達しキャンセル待ち多数の状況で締め切らせて頂きました。誠に申し訳ございません。ありがとうございました!

概要

 

6/19(火)、20(水)、22(金)の3日間。


自身が監督、脚本、撮影、編集、プロデューサーと何役もつとめた『アルビノの木』がアジア、ヨーロッパと世界の映画祭で高い評価をうけ、数々の賞を受賞!堂々13冠を達成の快挙!

いま世界から熱い視線を向けられている新進気鋭の日本人監督、金子雅和さんのワークショップを行います。

先ごろ行われた『アルビノの木』凱旋上映&金子監督特集は連日盛況❗
注目度の高さを証明していました‼

新作のご準備で多忙な中、時間を縫ってもらい、今回、ワークショップを開催する運びとなりました。

金子監督からは、
現在進めている作品も含め、今後製作する映画のためにも、このワークショップを実りある出会いの場にしたい、と伺ってます。
みなさまも是非次に繋がる縁を築いてください。

 

ご参加、お待ちしております!

スケジュール

●【日程】

6月19日(火)

13:00-17:00 

 

6月20日(水)

14:00-18:00


6月22日(金)

14:00-18:00 


※ご注意!!!
参加希望者多数により、2クラスに分ける場合があります!!

その場合は、

19日

A班13:30~16:30

B班17:30~20:30
 

20日、22日

A班13:30~16:30
B班17:00~20:00

となりますのでご注意ください!

2クラスに分けた場合は、
AとB
どちらの希望がいいかもご記載ください。

●【場所】 都内
 
●【締め切り】定員となり次第締め切ります!
 

監督からの

メッセージ

 演技において「リアリティ」ということに重きが置かれることが多いですが、私たちが思う「リアリティ」は、全く違う文化圏で人生を送っている人にとってもリアルなのでしょうか?
 フィクションとは本来、そのような文化圏の壁を超えるために存在しているものだと私は考えます。
 本ワークショップは、自身と全く違う境遇を生きている人の心をも動かし得る「普遍性ある演技」とは何なのか?を模索する場となることを目指します。

 良い出会いがあることを楽しみにしてます。

 

 

プロフィール

 

<金子雅和 プロフィール>

 

1978年東京都生まれ。

青山学院大学国際政治経済学部(スラヴ世界の歴史と文化専攻)卒。

のち、古書店で働きながら映画美学校に通い、瀬々敬久監督の指導を受ける。

同校フィクションコース高等科の修了制作に企画が選ばれ初監督した 『すみれ人形』は、07年ひろしま映像展などで受賞、08年都内6週間レイトショー公開、09年DVDが発売。ハンブルグ日本映画祭(ドイツ)にて正式上映される。

 

その後、企業VP/CM、ケーブルTV番組、ゲーム用映像などの撮影・演出の仕事に携わりながら、WEB配信用の企画や自主製作、及びに助成企画に選出されて6本の短編映画を監督。

その内の一本である『水の足跡』(きりゅう映画祭2012助成作品)は、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013ノミネート上映、山形国際ムービーフェスティバル2013準グランプリほか、国内映画祭で5受賞。

 

2016年、長編監督作『アルビノの木』が北京国際映画祭(中国)の新人監督部門にノミネート、テアトル新宿で劇場公開。

2016年度日本映画監督協会新人賞の候補作となる。

ポルトガルの国際映画祭フィゲイラフィルムアート2017で最優秀長編劇映画賞(グランプリ)、最優秀監督賞、最優秀撮影賞をトリプル受賞。

スウェーデン・ヴェステロース映画祭2017で最優秀撮影賞、台湾・福爾摩沙國際電影獎2017で最優秀アジア映画賞、他これまでに13ヶ国20の国際映画祭/賞にノミネート、13受賞。

 

 

海外受賞

 

最優秀長編劇映画賞-グランプリ-(フィゲイラ・フィルム・アート2017/ポルトガル) 

最優秀監督賞(フィゲイラ・フィルム・アート2017/ポルトガル) 

最優秀撮影賞(フィゲイラ・フィルム・アート2017/ポルトガル) 

 

最優秀アジア映画賞(フォルモサ国際映画賞2017/台湾) 

審査員特別劇映画賞(フォルモサ国際映画賞2017/台湾)  

審査員特別監督賞(フォルモサ国際映画賞2017/台湾)

 

観客賞(クラフト映画祭2018/スペイン)

 

最優秀長編映画賞(インカ・インペリアル国際映画祭2018/ペルー)

最優秀撮影賞(インカ・インペリアル国際映画祭2018/ペルー)

 

最優秀撮影賞 (ヴェステロース映画祭2017/スウェーデン) 

 

特別賞(サンライト国際映画祭2017/ドイツ)

 

最優秀音楽賞(第6回シネルファマ・リスボン国際映画賞)

 

最優秀長編劇映画賞(コルカタ国際文化映画祭2016年度12月期) 

 

 

国内受賞&入選

 

大賞-グランプリ-(うえだ城下町映画祭2013)

 

グランプリ(第1回筑西ショートフィルムコンペティション)

 

準グランプリ(山形国際ムービーフェスティバル2013)

 

映像賞(日本芸術センター第5回映像グランプリ)

 

美術賞(福岡インディペンデント映画祭2014)

 

観客賞(イメージフォーラムフェスティバル2009)

 

撮影賞(ひろしま映像展2007)

 

入選(ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013、ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2009、札幌国際短編映画祭2009など)

ほか多数

カンヌが認めた若き才能‼
深田晃司監督による俳優の為のワークショップ

緊急開催決定‼︎

深田晃司監督によるワークショップは、定員に達しキャンセル待ち多数の状況で締め切らせて頂きました。誠に申し訳ございません。ありがとうございました!
 

概要

 

3/7(水)、8(木)、9(金)の3日間。

第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を『淵に立つ』で受賞した、
深田晃司監督による演技ワークショップ


新作、ディーン・フジオカさん主演映画『海を駆ける』の公開を5月に控える深田監督を講師に迎え
「俳優のための実践的ワークショップ」
を開催します。

毎回、ご自身で脚本から作品に取り組み、撮る映画はすべて国内外から高い評価を受けている深田監督。
深田作品の世界観を深く感じていただくためには
1日で終了してしまうワークショップでは足りないと思い
3日間に渡ってしっかりと参加者の皆さんが受講いただける
ワークショップをと
昨年からずっと
ラブコールを送り続けてきました。

そして
ついに新作映画のプロモーション等で多忙を極める中、
3日間にも渡ってワークショップを行って下さることが決定しました‼

チャンスを掴み
国内だけではなく、海外にも活躍の場を広げてゆくには
どのようにしたら良いのか?


現在、企画進行中の作品がいくつかあり、脚本を執筆中とのこと!

今回のワークショップを機に、深田監督とのきっかけをぜひ作ってください!

尚 他のワークショップと違い、少人数制になっておりますので、キャンセル待ち等でご迷惑をおかけしてしまうこともありますので、
早めにご応募くださいますよう
よろしくお願いします!

今回3日間深田監督と過ごすクリエイティブなワークショップを思う存分楽しみましょう‼

スケジュール

●【日程】3月7日(水)17:30-21:00
               3月8日(木)14:00-18:00
     3月9日(金)14:00-18:00


※ご注意!!!
参加希望者多数により、2クラスに分ける場合があります!!

その場合は、

7日

A班B班合同 17:30~21:00
 

8日、9日
  A班13:30~16:30
  B班17:00~20:00

となりますのでご注意ください!

2クラスに分けた場合は、
AとB
どちらの希望がいいかもご記載ください。
 



●【場所】 都内
 
●【締め切り】定員となり次第締め切ります!
 

 

監督からの

メッセージ

 

私にとってワークショップは、演技の技術をあげることよりも、仕事をつかむことよりも、演技とは何だろう、とみんなで考える場であり、あわよくば演じることそれ自体の楽しさについて考える場になって欲しいと願っています。

 よろしくお願いします。

東京フィルメックスで

最優秀作品賞など、

作品ごとにその評価を

高めている

内田伸輝監督による
俳優ワークショップ

概要

 

12月26日(火)~28日(木)の3日間。

恐るべき才能をもつ、映画監督、内田伸輝氏のワークショップ緊急開催決定!

『ふゆの獣』が
東京フィルメックスで
最優秀作品賞を受賞するなど、
撮る作品は注目を浴び、国内外の映画祭で上映され、高い評価を得てる内田伸輝監督。

しかも、
内田監督の作品は、
俳優陣の演技が“怪演”と絶賛されております!!

これは俳優にとってもステータスになることと思います。

監督ご本人も
おっしゃっていますが
演技が上手くなるよう
演出するのが得意とのこと。

今回の
3日間のワークショップでは、
出来る限り
皆様の演技力を上げるための指導はもちろんのこと
内田監督の次回作に
ふさわしい俳優、女優がいれば
キャスティングもして頂けるそうです!

現に
内田監督のワークショップに参加された俳優さん達の中で、
強い印象を残した方々を
自身の作品に出演オファーをし、
主演なども含め
一緒にお仕事をしてきていらっしゃいます。

内田監督が新しい出会いと縁を求めて
臨んで下さる今年最後のワークショップ、
ぜひこのチャンスをお見逃しなく❗

監督に一人一人をよく見ていただく
少人数制で行いたい為
希望者が多かった場合は、
クラスを2クラスに分けることも
考えております。

尚、定員になり次第締め切りとなりますので、ぜひお早めにお問い合わせください。

スケジュール

●【日程】12月26日(火)13:00-17:00
               12月27日(水)14:00-18:00
     12月28日(木)14:00-18:00


※ご注意!!!
参加希望者多数により、2クラスに分ける場合があります!! その場合は、
​昼 13:30 ~16:30
夜 17:00 ~20:00

となりますのでご注意ください!

二クラスに分けた場合は、
昼と夜
どちらの希望がいいかもご記載ください。
 



●【場所】 都内
 
●【締め切り】定員となり次第締め切ります!
 

 

監督からの

メッセージ


演技はスポーツに似ていると思います。
毎日の練習こそが本番の成果につながるのです。
僕は映画作りでもワークショップでも、常に個人個人の癖を生かし、人間らしい演技を目指しています。
この3日間のワークショップで、勇気と自信と課題を、参加した全員が持ち帰るよう、僕も全身全霊で皆さんに挑みます。

そして、僕等の新たな出会いの場となる事を心から願っています。
皆さんのご応募お待ちしてます。

 

監督

プロフィール



1972年生まれ。埼玉県出身。
ドキュメンタリー『えてがみ』でPFFアワード2003審査員特別賞、香港国際映画祭スペシャルメンション授与。
国内外多数の映画祭で上映される。
初長編劇映画『かざあな』は、第8回TAMA NEW WAVEグランプリ、ベスト女優賞をW受賞、ひろしま映像展2008グランプリ、企画脚本賞、演技賞をトリプル受賞、PFFアワード2008では審査員特別賞、バンクーバー国際映画祭コンペティション部門に正式招待。

2010年『ふゆの獣』は東京フィルメックス最優秀作品賞を受賞、ロッテルダム国際映画祭コンペティション部門、香港国際映画祭、サンセバスチャン国際映画祭など国内外多数の映画祭で上映され、2011年7月、テアトル新宿他にて全国劇場公開される。

2012年長編映画『おだやかな日常』(監督、脚本、編集)長編劇映画4作目となる『さまよう獣』が2013年連続で全国劇場公開され、『おだやかな日常』は釜山国際映画祭にてワールドプレミア上映後、東京フィルメックス、ロッテルダム国際映画祭、テッサロニキ国際映画祭他、国内外多数の映画祭で上映、2013年10月に台北(台湾)にて劇場公開される。2014年6月、カナリア諸島地球環境映画祭2014にて最優秀作品賞。

『おだやかな日常』『さまよう獣』のDVDは、TSUTAYAなどでレンタル中。最新作は『ぼくらの亡命』(2016年)東京フィルメックスにて上映後、2017年6月ユーロスペース都内独占ロードショー!

次回作
現在 脚本中!!

長編5作品連続正式招待の快挙!!
ベルリン国際映画祭が

惚れた才能・舩橋淳監督による
俳優ワークショップ

概要

 

9/25、26、27の3日間。

ニューヨークと東京を往復しつつ、
映画を撮り続けている監督・舩橋淳。

「BIG RIVER」(主演オダギリジョー)
「桜並木の満開の下に」(主演臼田あさ美、三浦貴大)などがベルリン、エディンバラ、アノネー(仏)、釜山、香港など世界の国際映画祭で、プレミア上映されてきた国際派の監督です。
中でもカンヌ、ベネチアと並ぶ世界の三大映画祭ベルリンで、監督作が5回連続正式招待、ワールドプレミアという快挙!!

さらに新作「Lovers on Borders」(主演:柄本祐、アナ・モレイラ)は、映画史上初のポルトガル=日本=アメリカの国際共同制作映画。来年公開予定で、いま絶好調の若手・柄本祐が活躍しています!!

今回は、新しい俳優と出会い、
その俳優のポテンシャルを発見しながら磨き上げ、
次の作品の糧になるような機会にしたい、
という舩橋淳監督。

ぜひご参加ください!!

 

舩橋淳監督

1974 年、大阪市生まれ。東京大学教養学部表象文化論分科卒業後、ニューヨークに渡り、スクール・オブ・ビジュアルアーツ大学にて映画製作を学ぶ。

 

デビュー作 『echoes』(2001年)が、仏・アノネー国際映画祭で審査員特別賞と観客賞のW 受賞を果たす。

アメリカを拠点に活動していた2005年にはテレビ番組『人生を楽しみたい ~アルツハイマー病への取り組み~』を制作。米テリー賞シルバーアワードを受賞する。


2006年『ビッグ・リバー』(オダギリジョー主演)では、ベルリン 国際映画祭、釜山国際映画祭でプレミア上映される。


2011年より原発事故で町全体が避難を強いられている福島県双葉町の撮影を続けており、『フタバから 遠く離れて 第一部/第二部』として公開。キネマ旬報ベストテン第7位を獲得。
同シリーズは世界40カ国以上もの国で上映され、仏Signe sde Nuit 国際映画祭でエドワード・スノーデン賞を受賞、ベルリン国際映画祭へ5作連続の正式招待という快挙を成し遂げた。


2013 年『桜並木の満開の下に』(主演:臼田あさ美、三浦貴大)では、被災地を舞台に描いた劇映画で、ジャンルを越えて、震災以降の社会をいかに生きるかという 問題にアプローチしている。

現在、日本・ポルトガル合作の劇映画「Lovers on Borders」を制作中(来年春公開予定)

【舩橋淳監督情報】
映画『桜並木の満開の下に』
http://www.office-kitano.co.jp/sakura/

 

映画『フタバから・遠く離れて 第一部/第二部』
http://nuclearnation.jp/jp/part2/

 

映画『谷中暮色』
http://www.deepinthevalley.net/

 

映画『ビッグ・リバー』
https://ja.wikipedia.org/wiki/BIG_RIVER

 

ドキュメンタリー映画『道頓堀よ、泣かせてくれ!』
http://www.2015-nmb48.jp/

スケジュール

●【日程】9月25日(月)14:00-18:00

               9月26日(火)14:00-18:00

     9月27日(水)14:00-18:00

※ご注意!!!

参加希望者多数により、2クラスに分ける場合があります!! その場合は、

​昼 13:30 ~16:30
夜 17:00 ~20:00

となりますのでご注意ください!

二クラスに分けた場合は、
昼と夜
どちらの希望がいいかもご記載ください。
 



●【場所】 都内
 
●【締め切り】定員となり次第締め切ります!
 

 

 

 

監督からの

メッセージ

すぐれた演技とは何か?
大仰に声を張り上げることなのか?
強烈に感情を込めて、涙することなのか?
それとも・・・?

万能な人間がいないように、万能な俳優はいません。
自分独自の声と身振りを見いだし、それが巨大なスクリーンに映し出されても耐えうる、いやそれどころか、観客の心を震わせる強度を湛えた存在になりうること。

見る人間の心に記憶されるのは、そんな俳優の存在そのものが持つその人独自の強度(「存在感」といういかにも凡庸な表現もありますが、それは似て非なるものなんです)です。

今回はそれを見いだすための特訓を、カメラを使ってやってみようと思います。

映像演技をもっと追求したいという方、ぜひ来てください!

今回のワークショップが、新しい俳優さん、女優さんとの出会いの場となればと思っています。

舩橋淳(映画作家)

小椋悟プロデューサー

田中誠監督

ワークショップ

概要

 

8月13日(日)~15日(火)の3日間。
空前の大ヒット作、
映画『下妻物語』(監督:中島哲也)をプロデュースした

小椋悟さんが、
今回うちのワークショップの特別講師をやってくれることが決定しました!

下妻物語は、
日本、アジアを始め、カンヌ・ヤングフェスティバルでは開催以来初めて審査員全員満場一致でグランプリを獲得。

小椋プロデューサーは他にも、
鈴木清順監督作品
オダギリジョー、チャン・ツィイー主演
「オペレッタ狸御殿」
など数多くの話題作を世に送り出している名プロデューサーです。

今までは、大作映画を手掛けていましたが、今後は単館映画のプロデュースも
やる方向になり、
これからの活躍が、期待される魅力的な俳優さんとの出会いを楽しみにされてます!

今回はなんと‼️‼️

次回作を一緒に組むことになっている
田中誠監督もワークショップに参加いただきます!

田中誠監督は
単館系作品としては異例の大ヒットを記録した異色コメディ『タナカヒロシのすべて』でデビューし、各方面から高い評価と熱い注目を集めてます。

その後 夏帆さん主演映画
『うた魂♪』など沢山手掛けておられます。

映画への情熱が誰よりも強いプロデューサー&監督が揃う貴重な機会です。

俳優女優の皆さん、ぜひご参加ください!

最近は定員に達してしまう事が多いので、キャンセル待ちになってます。
お早めにご応募下さい!!

 

小椋悟

プロデューサー

プロフィール

神奈川県生まれ。日本を代表する独立系映画プロデューサー。

代表作には「蟲師」(監督大友克洋、出演オダギリジョー、蒼井優)、「下妻物語」(監督中島哲也、出演深田恭子、土屋アンナ)、「ピストルオペラ」(監督鈴木清順、出演江角マキコ、山口小夜子)、「姑獲鳥の夏」(原作京極夏彦、監督実装時昭雄、出演堤真一、阿部寛)、「死刑台のエレベーター」「オペレッタ狸御殿」ビデオ作品「ブラックジャック」シリーズ、等等がある。約三十年間に渡る製作活動で22本の劇場映画を製作。その内七本の作品が世界三大映画祭(カンヌ、ベネチア、ベルリン)のレッドカーペットの招待を受ける。

田中誠監督

プロフィール

1960年生まれ。東京、浅草育ち。

成城大学文芸学部芸術学科在学中の1983年、ヤングジャンプ映像コンテストに優勝したことをきっかけに,卒業と同時にフリーの映像ディレクターとなる。

鈴木清順監督作品「ピストルオペラ」(2001)のプロデュースに関わることで映画界へ。

「タナカヒロシのすべて」(2005)で脚本・監督デビュー。同年、同作品が中国の金鶏百花映画祭に招待作品として選ばれる。

菊地秀行の人気伝奇ミステリーを原作とした「雨の町」
船越英一郎主演「おばちゃんチップス」
夏帆主演『うた魂♪』(監督・脚本)
『コラソンdeメロン』(監督・脚本)
『鉄道むすめ~ Girls be ambitious~』(監督、テレビドラマ)
『トンスラ』(第4・5話監督・脚本・演出、テレビドラマ)
『人間動物園』(監督、テレビドラマ)
『おじいちゃんは25歳』(監督、テレビドラマ)
前田敦子主演『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(監督・脚本)
『JKは雪女』(監督、テレビドラマ)

スケジュール

●【日程】8月13日(日)14:00-18:00

               8月14日(月)14:00-18:00

     8月15日(火)14:00-18:00

※ご注意!!!

参加希望者多数により、2クラスに分ける場合があります!! その場合は、

​昼 13:30 ~16:30
夜 17:00 ~20:00

となりますのでご注意ください!

二クラスに分けた場合は、
昼と夜
どちらの希望がいいかもご記載ください。
 



●【場所】 都内
 
●【締め切り】定員となり次第締め切ります!
 

小椋プロデューサー

からのメッセージ

初めまして。映画プロデューサーの小椋悟と申します。映画を作り始め、それ以来監督とは違う立場で俳優さんとの関係を築いてきました。今回は…演技者の基本的な考え方、映画の現場での仕事の仕方、演じるとは何か?、しいては映画や演劇と俳優の在り方、などを皆さんと共に考えTRY出来るのを嬉しく思ってます。最高の三日間にしましょう!

 

田中監督からの

メッセージ

小椋プロデューサーとともにワークショップを担当致します。俳優業は才能がすべてで、必要なのはセンスと勘だと考える方もいらっしゃるかと思いますが、基礎はあくまで知的なもので、シナリオの理解、読解力が必要です。テキストとなるシナリオから役柄を理解した上でどう演じればよいかを一緒に考え、演じてもらいます。シナリオは主演用と脇役用と両方使います。オーディション 面接でのコツもつかんでください。

お申し込み方法

※お申し込み、お問い合わせはメールにてお願いいたします。

 以下をご記入ください。


(1)お名前
(2)ふりがな
(3)性別
(4)生年月日(年齢も)
(5)2クラスの場合、どちらのクラス希望か

​   (1日目に昼、2日目に夜などの受講も可)

(6)連絡先電話番号
(7)フリーランスか事務所所属か。所属の場合は事務所名もご記入ください。
(8)写真付きプロフィール(プロフィールはメール本文にご記入の上、写真を添付してお送りください)
 をお書きのうえ、

 メールタイトルを

「小椋プロデューサー、田中監督ワークショップ」とし、
 workshopnavi(at)gmail.com
 までお送りください。((at)を@に変えてお送りください)


​ 追って、担当者よりご連絡を差し上げます。

新藤風監督

ワークショップ

新藤風監督によるワークショップは、定員に達しキャンセル待ち多数の状況で締め切らせて頂きました。誠に申し訳ございません。ありがとうございました!
 

概要

 

5月29日(月)~31日(水)の3日間。
生涯現役!100歳まで精力的に作品を撮り続けた巨匠、故・新藤兼人監督の孫でもある映画監督、新藤風さんのワークショップを行います!

初監督作品
「LOVE/JUICE」が
ベルリン国際映画祭フォーラム部門新人作品賞など多数の賞を受賞し
一躍注目を浴びた新藤風監督。

講師のお誘いをたくさん受けている中、はじめて特別にうちのワークショップをやってくれることになりました!!

今年は、
安藤サクラさんが主演した映画「島々清しゃ」が公開し、今年の秋頃には、
新しい作品を撮る予定だそうです。
脚本には、超有名な巨匠先生。

新作映画準備中のお忙しい時間を縫ってのワークショップとなります。

ワークショップでの
出会いは
新藤監督自身も
貴重だと考えてくださっています。

今回は、
監督に俳優各人をより深く知っていただくため、初めて3日間連続のワークショップを開催したいと思います。

より実践的なワークショップの内容になるため、
現場に対応出来る芝居を磨き、
チャンスを得たい方、勝負したい方、
監督の創作意欲を刺激することのできる俳優たちに参加してもらえたらと考えています。
とても貴重な機会となりますので、ぜひご参加ください!

少人数制で行いたい為
希望者が多かった場合は、
クラスを2クラスに分けることも
考えてます。

尚、定員になり次第締め切りとなりますので、お早めに応募することをおすすめします。

 

新藤風監督

プロフィール

 

 

1976年神奈川県生まれ。
1995年に日本映画学校 映像科・撮影照明コース入学。
1999年「ナビィの恋」中江裕司監督              (助監督)
2000年「三文役者」新藤兼人監督

             (助監督)
2000年「LOVE/JUICE」(脚本・監督)
2006年「転がれ!たま子」(監督)
2008年「石内尋常小学校 花は散れども」(監督健康管理)
2010年「一枚のハガキ」(監督補佐)
2016年「島々清しゃ」(監督)他

 

スケジュール

 

●【日程】5月29日(月)14:00-18:00

              5月30日(火)14:00-18:00

     5月31日(水)14:00-18:00

※ご注意!!!

参加希望者多数により、2クラスに分ける場合があります!! その場合は、

​昼 13:30 ~16:30
夜 17:00 ~20:00

となりますのでご注意ください!

二クラスに分けた場合は、
昼と夜
どちらの希望がいいかもご記載ください。
 



●【場所】 都内
 
●【締め切り】定員となり次第締め切ります!
 

監督からのメッセージ

映画はライブだ!いつ誰が撮るのか、その人の人生のどこで撮るのか、スタッフキャストとの出会い、土地や季節との巡り合わせ、そのすべて運命のような出会いをフィルムに定着させ映画はできます。
私自身、監督として未熟な身です。
演出、演者の違いはあれど、この先を目指すもの同士、楽しく学び互いに刺激し合える場になることを期待しています。
このワークショップで素晴らしい出会いがあることを願って。楽しみましょうね。

 

お申し込み方法

※お申し込み、お問い合わせはメールにてお願いいたします。

 以下をご記入ください。


(1)お名前
(2)ふりがな
(3)性別
(4)生年月日(年齢も)
(5)2クラスの場合、どちらのクラス希望か

​   (1日目に昼、2日目に夜などの受講も可)

(6)連絡先電話番号
(7)フリーランスか事務所所属か。所属の場合は事務所名もご記入ください。
(8)写真付きプロフィール(プロフィールはメール本文にご記入の上、写真を添付してお送りください)
 をお書きのうえ、

 メールタイトルを

「新藤監督ワークショップ」とし、
 workshopnavi(at)gmail.com
 までお送りください。((at)を@に変えてお送りください)


​ 追って、担当者よりご連絡を差し上げます。

杉田真一監督による

ワークショップ

杉田監督ワークショップは、
定員に達しキャンセル待ち多数の状況で
締め切らせて頂きました。

誠に申し訳ございません。

ありがとうございました!

 

概要

 

3月6日(月)~7日(火)の2日間。

今回は、
新作映画に向けて、
ワークショップを行いたいと思います!

ベルリン映画祭弱冠33歳で受賞!

阪本順治監督、大森立嗣監督に師事し
デビュー作から
国際映画祭で大絶賛!

世界三大映画祭、ベルリン映画祭にて受賞。

今まさに、
新作映画の脚本を書き上げたばかりです。

このワークショップが貴重な機会であるのは確実です。

希望の方は奮ってご応募ください。

少人数制で行いたい為
希望者が多かった場合は、
クラスを2クラスに分けることも
考えてます。


 

 

杉田真一監督

プロフィール

 

 

大阪芸術大学映像学科卒。

在学中に監督した短編『夢をありがとう』が新星学生映画祭観客賞受賞。
卒業後、阪本順治監督、山下敦弘監督、大森立嗣監督などの作品にスタッフとして参加。

2011年、短編映画『大きな財布』を監督。
国内映画祭で5つの賞を受賞、また海外の評価も高く、 ヨーロッパ、アフリカ、アジア、計6カ国の映画祭から招待を受ける。

昨年度『人の望みの喜びよ』で長編監督デビュー。
大震災で突然両親を失うも、希望を持って生きる子どもたちを描き、第 64 回べルリン国際映画祭ジェネレーション部門にて
最高賞に次ぐ"スペシャルメンション"を受賞!

おおさかシネマフェスティバル新人監督賞受賞。

今作はブラジルでの一般公開など、現在も海外を含め上映機会を拡けげつつある。

今後が最も期待される実力派監督です!

 

『人の望みの喜びよ』公式サイト

http://nozomi-yorokobi.com/

 

スケジュール

 

●【日程】3月6日(月)14:00-18:00

              3月7日(火)14:00-18:00

 

※ご注意!!!

参加希望者多数により、2クラスに分ける場合は、

​昼 13:30 ~16:30
夜 17:00 ~20:00

となりますのでご注意ください!

二クラスに分けた場合は、
昼と夜
どちらの希望がいいかもご記載ください。
 



●【場所】 都内
 
●【締め切り】定員となり次第締め切ります!
 

 

 

杉田監督からの

メッセージ

わたしは、自分を知りたい。
それと同じくらい、わたしは、他者を知りたい。
 
自分以外の誰かを演じられる、皆さんはいかがでしょうか?
 
他者と真剣にぶつかったり、向き合ったりすることで、自分でも気が付かなかった自分にふと気が付くことがあります。だからこそ、他者という鏡に映る自分を知る機会を大切にしたいと思います。
 
皆さんにとって、わたしにとって、自分の中の何かを変えるかも知れない、そんな瞬間を一緒につくれたら嬉しく思います。


 
杉田真一

 

お申し込み方法

※お申し込み、お問い合わせはメールにてお願いいたします。

 以下をご記入ください。


(1)お名前
(2)ふりがな
(3)性別
(4)生年月日(年齢も)
(5)2クラスの場合、どちらのクラス希望か

​   (1日目に昼、2日目に夜などの受講も可)

(6)連絡先電話番号
(7)フリーランスか事務所所属か。所属の場合は事務所名もご記入ください。
(8)写真付きプロフィール(プロフィールはメール本文にご記入の上、写真を添付してお送りください)
 をお書きのうえ、

 メールタイトルを

「杉田監督ワークショップ」とし、
 workshopnavi(at)gmail.com
 までお送りください。((at)を@に変えてお送りください)


​ 追って、担当者よりご連絡を差し上げます。

鈴村展弘監督による

ワークショップ

鈴村展弘監督によるワークショップは、定員に達しキャンセル待ち多数の状況で締め切らせて頂きました。誠に申し訳ございません。ありがとうございました!

概要

 

2月8日(水)と15日(水)の2日間

数々の連ドラを手がけている
鈴村展弘監督のワークショップを開催します!


無名だった
オダギリジョーさん
佐藤健さんなどなど
有名になるきっかけを掴んだ作品
仮面ライダー。

その、
仮面ライダーシリーズの監督である
鈴村監督。

鈴村監督の元から、
羽ばたいていって
いま、現在活躍している俳優、女優が多いことでも有名です!

この後も
撮影が控えてまして、
某局にて
連ドラも撮る予定です!

とにかく
お忙しい監督で、
今回
連続2日間は、
難しく
間を空けて2日間あけていただきました。

この、ワークショップでの出会いを足掛かりに、
ドラマ出演のきっかけをつかんでください。

他のワークショップと違って、
少人数制になってますので、
キャンセル待ちとかで
ご迷惑をおかけしてしまうこともありますが、
人数が多いワークショップで
人だけ集め無意味なワークショップにしたくないので、
その点だけ
ご了承くださいませ。

なるべく
早めにご応募くださいますよう
よろしくお願いします!

 

 

鈴村展弘監督

プロフィール

 

 

1992年 東映にて特撮ドラマ「特捜エクシードラフト」に助監督として配属。

2000年 オダギリジョー初主演 特撮ドラマ「仮面ライダークウガ」にて監督デビュー。以降、現在まで平成仮面ライダーシリーズやスーパー戦隊シリーズの監督を担当。

2003年 北川景子等主演「美少女戦士セーラームーン」の監督を担当。

2005年 新垣結衣初主演 深夜ドラマ「sh15uya」の監督を担当。

2010年 舞台「リセット3・2・1…」で初の舞台演出を担当。同年、角川大映にて「大魔神カノン」の監督を担当。

2011年 ニュージーランドに渡り、東映とサバンブランドの合作である「パワーレンジャー・サムライ」に監督として参加。

2012年 和田正人主演 深夜の大人向け特撮ドラマ「非公認戦隊アキバレンジャー」と翌年の続編「非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛」の監督を担当。

2013年 田中圭 波瑠 浜野謙太主演 深夜ドラマ「ノーコン・キッド ~ぼくらのゲーム史~」のメイン監督を担当。

2015年 乃木坂46総出演のドラマ「初森ベマーズ」のメイン監督を担当。
その他、多数の作品を監督。

 

 

スケジュール

 

●【日程】2月8日(水)14:00-18:00

              2月15日(水)14:00-18:00

●【場所】 都内
 
●【締め切り】定員となり次第締め切ります!
 

 

 

鈴村監督からの

メッセージ

私の個人的な思いなのですが、
私が演出していていつも思うのは、俳優さんには上手に演じようとして小手先の小芝居をして貰いたくないという事です。
芝居は所詮芝居。そもそも芝居をしようという考え方が違うように思います。

では、俳優はどう役と向かい合えば良いのか?

私は俳優に1番必要なのは役を演じるのではなく役の人になりきる事だと考えます。

その演じる役の人がどういう環境で育ち、どういう性格なのか?

自分とは全く違う人物像かも知れませんが、それでもその役になりきる。

それになりきれないとするならば、それは自分の日常での経験が少ないという事だと思います。

俳優は色々な役をやるのだから、普通の人よりも沢山の経験をつまなければならないのです。

その経験を元に役を演じてなりきる事が出来るようにするには1つの技術も必要になります。その演じる技術こそが演技だと思います。
今回のワークショップは、皆さんと演じるという事の楽しさと難しさを一緒に学んでいければと思います。
良き出会いを楽しみにしております。

杉田真一監督による

ワークショップ

杉田監督ワークショップは、
定員に達しキャンセル待ち多数の状況で
締め切らせて頂きました。

誠に申し訳ございません。

そこで、杉田監督に
ご相談し
もう一度
ワークショップを開催して下さる方向で検討いただいてます。

次回の開催予定は、
3月頃になります。


概要

 

12月26日(月)~27日(火)の2日間。

 

ベルリン映画祭弱冠33歳で受賞!
2016年12月杉田監督俳優ワークショップ急遽開催のお知らせ。


現在、次回作の脚本を書いていて忙しい中
無理を言って、2日間あけていただきました。

阪本順治監督、大森立嗣監督に師事し
デビュー作から
国際映画祭で大絶賛!

世界三大映画祭、ベルリン映画祭にて受賞。

他では
ワークショップなど一切やってなくて
今回
特別にやってくれることになりました!

これから製作する映画のために、
新しい俳優たちと出会いたいと言うことでしたので、めったにない、このチャンスをぜひご活用ください。世界が注目している監督です。

 

杉田真一監督

プロフィール

 

 

大阪芸術大学映像学科卒。

在学中に監督した短編『夢をありがとう』が新星学生映画祭観客賞受賞。
卒業後、阪本順治監督、山下敦弘監督、大森立嗣監督などの作品にスタッフとして参加。

2011年、短編映画『大きな財布』を監督。
国内映画祭で5つの賞を受賞、また海外の評価も高く、 ヨーロッパ、アフリカ、アジア、計6カ国の映画祭から招待を受ける。

昨年度『人の望みの喜びよ』で長編監督デビュー。
大震災で突然両親を失うも、希望を持って生きる子どもたちを描き、第 64 回べルリン国際映画祭ジェネレーション部門にて
最高賞に次ぐ"スペシャルメンション"を受賞!

おおさかシネマフェスティバル新人監督賞受賞。

今作はブラジルでの一般公開など、現在も海外を含め上映機会を拡けげつつある。

今後が最も期待される実力派監督です!

 

『人の望みの喜びよ』公式サイト

http://nozomi-yorokobi.com/

 

 

スケジュール

 

●【日程】​12月26日 13:00-17:00

              12日27日 14:00-18:00

●【場所】 都内
 
●【締め切り】定員となり次第締め切ります!
 

 

 

杉田監督からの

メッセージ

身体を動かす前、声を発する前、感情が表れる前、私たちの心の中では一体”何”が起っているのでしょうか。

目には見えなくても、耳では聞こえなくても、私はいつもそんな不確かで曖昧な”何”かを映像に映し出したい、映し出せないだろうかと考えています。

今回初めてお会いする皆さんと、その”何”かを一緒に感じ合えるような時間を共有できたらとても嬉しく思います。


杉田真一

蔵方政俊監督による

オーディションワークショップ

概要

 

2016年9月30日(金)と10月2日(日)の2日間。

蔵方監督の俳優のためのオーディションワークショップを開催致します。

 

蔵方政俊監督は、

『世界の中心で、愛をさけぶ』『舞妓Haaaan!!!』『なくもんか』など、数多くの作品で助監督を経験された後、

三浦友和さん主演の『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』で監督としてデビュー。

 

2014年には、話題作『ゲームセンターCX THE MOVIE  1986マイティボンジャック』の監督もされました。

 

そして2015年NHKドラマ

『家でマラソン』

 

助監督時代を含め、その優れた演出術は 今注目を浴びています❗️

 

次から次へと仕事のオファーがあり、大変忙しい中で 今回ワークショップを開催して下さることになりました。

 

蔵方監督の目に止まり出演のチャンスを掴みに来てください。

 

一緒にお仕事ができる可能性のある俳優を探しています!

 

 

他のワークショップと違い、一人一人たっぷり時間をかけ、少人数制で開催します。

 

人数達しましたら〆切ってしまうため、お早めにご応募ください。

 

心より お待ちしております。

 

蔵方政俊監督

プロフィール

 

 

1968 年、東京都出身。

「世界の中心で、愛をさけぶ」、「舞妓 Haaaan!!!」、「なくもんか」、「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」、「源氏物語千年の謎」などの作品に助監督として参加。
2011 年「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」(松竹配給)で監督デビュー。

以降、監督作に 2012 年「欽ちゃんの初恋」(NHK BS プレミアム)、2012 年「そして世界は全て変わる」(Web ドラマ)、2014 年「ゲームセンターCX THE MOVIE」(ハピネット•シンカ配給)、2015 年「家でマラソン」1 話 2 話(NHK E テレ)、2016 年「家でマラソン」3 話 4 話 5 話(NHK E テレ)がある。

日本脚本家連盟会員。日本放送作家協会会員。 

 

スケジュール

●【日程】​9月30日(金)、10月2日(日)(2日間)

●【クラス】昼クラス13:00-16:00、 

                   夜クラス17:00-20:00

 

【場所】 都内

 

【締め切り】 各クラス10名程度(定員となり次第締め切ります)

 

 

 

蔵方監督からの

メッセージ

映画監督になりたいと思ったのは、今から25年ほど前の事です。

 

すぐにでも監督をするつもりでこの仕事を始めたのですが、結局、助監督として20年の時間を過ごしました。

 

色々な事がありましたが、今この仕事を続けられているのは、たくさんの人にお会い出来たご縁があったからだと思っています。

 

今回のワークショップでお会い出来る皆さんとのご縁を大切にして、今後も作品を作っていくつもりです。

 

今回のワークショップでは、

企画開発中の作品の一場面を題材にして、芝居について話し合っていければと考えています。

 

 

素敵な俳優さん、女優さんとお会い出来る事を楽しみにしています。

中野量太監督によるワークショップは、定員に達しキャンセル待ち多数の状況で締め切らせて頂きました。誠に申し訳ございません。ありがとうございました!
新作映画 宮沢りえ主演
『湯を沸かすほどの熱い愛』

中野量太監督による

俳優ワークショップ

2016年 8月の23(火)と24(水)の2日間。中野量太監督が、俳優のためのワークショップを開催致します。中野監督は、2012年『チチを撮りに』で、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて日本人初の監督賞を受賞。ベルリン国際映画祭を皮切りに各国の映画祭に招待され、国内外で14もの賞に輝きました。今最も注目を浴びている監督の一人です。10月には、宮沢りえ主演『湯を沸かすほどの熱い愛』が、満を持して全国ロードショーとなっています。演技力の向上や勉強のためにも、是非この機会に中野監督と出会って、素直に、良い芝居とは何かを、考えて身に付けて、唯一無二の俳優を目指しに来てください!!*現場ではスピード力も重要な課題の一つです。オーディションでは、台本はその場で配られることがほとんどです。また、実際現場でも急な台詞の変更や新しい演技プランを求められる事も多いです。そのため、臨機応変〜対応出来る能力を身に付ける目的で、初日まで台本をお配りしない方法を取る予定です。逆を言えば、 皆さん同じ条件で勝負出来ます。もちろん台本受け取ったあとは、二日間でも、しっかり関係性を作って、役を理解して、じっくり芝居が取り組めるワークショップになってます。この二日間思いっきり楽しみましょう!!

 

中野量太監督

プロフィール

 

 

1973年生まれ。京都育ち。

大学卒業後、日本映画学校に入学し3年間映画作りの面白さに浸る。卒業後は、マイペースで数本の自主映画を制作し、多くの賞を受賞。
2008年、若手映画作家育成プロジェクト(ndjc)に選出され制作した短篇映画『琥珀色のキラキラ』が高い評価を得る。

2012年、長編映画『チチを撮りに』が、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭において日本人初の監督賞を受賞し、2013年2月、念願の劇場公開デビューを飾る。 『チチを撮りに』は、ベルリン国際映画祭に正式出品されなど、国内外で14の賞を受賞、国際的にも高い評価を得る。

2013年、中編『沈まない三つの家』、短編『お兄チャンは戦場に行った!?』を発表、独自の感性と視点で “家族” を描き続ける。

 

日程

●日程

8月23日、24日(2日間)

●時間
14:00~18:00

●場所
代々木駅から徒歩三分くらい。
(詳細は追ってお知らせいたします)

●定員

少人数制 16人程

 

中野監督からのメッセージ

いい演技とは何か?

 

演技に、明確な答えなどありませんが、人の心を掴み、心を揺さぶる演技の方法はあります。

 

そのための方法、見せるのではなく、見える演技とは何か?

豊かな演技とは何か?

二日間で、出来るだけたくさんのお芝居をしてもらいながら、その方法を分かりやすく伝えられたらと思っています。

 

中野量太

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now